2016年の年間ベストアルバムトップ10

今年もあと残り2日となりました。年を重ねる度に流れる時間のスピードが速くなっているように感じます。だからこそ1日1日大切にしなきゃいけませんね。忘れずにしよう。

2016年も終わるということでせんたーが選ぶ年間ベストアルバムを発表したいと思います。順位付けるのって難しい。。簡単に比較できるものじゃないし。。こんな事をグダグダ言ってても仕方がない。それでは第1位から発表していきましょう。カウントーダウン!!

年間ベストアルバムトップ10

第1位 『Next One』 / GLIM SPANKY

www.youtube.com

こう言ってはなんだけど、まさかこんなにハマると思っていなかったGLIM SPANKY。なんとくなく聴いていたら「ビビッ」と来た。「これは凄い」。亀本さんのギターサウンドがえげつなくカッコよくて快感だし、松尾さんの迫力満点の歌声が自分の中の底にある熱いものを奮い立たせてくれる。音が魂になってガツンとこっちにぶつかってくるんだよね。心の中で何かが爆発する感じ。

サウンドだけでなく歌詞にもすごく強い意志が宿っていて、聴くと「勇気」とか「希望」が生まれる。めちゃくちゃポジティブになれる。GLIM SPANKYが放つ真っ直ぐなメッセージに心打たれるリスナーも多いんじゃないのかな。

まだ生で見たことないので早く見たいなー。というか明日のCDJで観る。めちゃめちゃ楽しみだ。

関係ないけど、このアルバムに収録されてる『時代のヒーロー』はAmazonプライムのオリジナルドラマ「宇宙の仕事」の主題歌となっています。この「宇宙の仕事」が最高に面白かった。とにかくオススメなのでプライムビデオ見れる方はぜひ見て下さい。<

 

第2位 『I wanna be 戸渡陽太』 / 戸渡陽太

www.youtube.com

戸渡陽太のメジャーデビューアルバムを第2位に選びました。ラジオで初めて聴いた時からすごく才能のあるシンガーソングライターだと思っていたんだけど、アルバムは想像以上の作品に仕上がっていて度肝を抜かれました。印象的なしゃがれた歌声はエッジが効いていて、1度聴いたらやめられない止まらない。そして、その特徴的な声を最大限生かすように構築された野性的なポップサウンドがとても魅力的で美しい。これからの活躍が楽しみで仕方ありません。

 

第3位 『New generation』 / 雨のパレード

www.youtube.com

3位は今年一番ハマったバンドのメジャー1stアルバムを選びました。個人的に今年はとにかく雨パレな1年だったと思う。とにかくどの曲も聴いていて心地が良い。浩平さんの声も最高だし、それに負けるとも劣らずバンドサウンドも良し。どの曲も外れがない。自分のために作られているんじゃないかと錯覚するくらい音が体になじむ。そういうバンドってなかなかないから、出会った時の喜びは計り知れないものがある。運命感じちゃうよね。なんて。

1位に選んだGLIM SPANKYとの2マンがとにかく楽しみで仕方無いです。来年も雨パレワールドにどっぷり浸かるぞ。

ベストアルバム4位~10位の発表

第4位 『Fantome(oの上にサーカムフレックス)』 / 宇多田ヒカル

第5位 『世界観』 / クリープハイプ

第6位 『だって、あたしたちエバーグリーン』 / ふくろうず

第7位 『World's Magic』 / Special Favorite Music

第8位 『愛のゆくえ』 / きのこ帝国

第9位 『life』 / plenty

第10位 『a.k.a』 / LILI LIMIT

 

クリープハイプの『世界観』は2016年一番の衝撃だったかも。このアルバムで覚醒した感じがあるなークリープは。クリープらしいバンドサウンドだけでなく、ラップやシティポップ的な楽曲などすごく幅が広くて、なおかつどれも素晴らしい。ラストを締める『バンド』は傑作だと思います。尾崎さんのキレイごとを並べない真っ直ぐな言葉が痛いほど突き刺さってくるし、言葉がストレートだからこそ綺麗な愛で溢れてる。カオナシさんの曲(『キャンバスライフ』)も相も変わらずグッドソングだし、言うことなし。ちなみにこのアルバムで一番好きなのは『5%』かな。

ふくろうずの『だってあたしたちエバーグリーン』も良かったです。眩しいほどキラキラしていて、ファンタジックな世界をフワフワ空を飛んで旅してるみたいな気分になれる。

今年も素晴らしいアーティストにたくさん出会うことが出来ました。Special Favorite Musicもその中の1組。こういうたまに訪れる最高の瞬間があるから音楽探しの旅はやめられないんです。

plentyの『life』とリリリミットの『a.k.a』はかなり聴き込んだアルバム。『ワンルームダンサー(plenty)』と『A Few Incisive Mornings(LILI LIMIT)』は最初に聴いた時の印象から考えられないほどハマった作品。いわゆるスルメ曲ってやつ。この2曲は特にライブで聴いてほしい楽曲です。

plentyはワンマンのライブレポを書きました。気になる方はぜひ。

www.centerofongaku.com

 

11位以下の作品はこちら(順位はなし)

『Awesome City Tracks3』 / Awesome City Club

『OTONARI BENTO BOX』 / THE BOY MEETS GIRLS

『diverse journey』 / YEN TOWN BAND

『Enjoy Music Club -FOREVER』 / Enjoy Music Club

『Hands Of Gravity』 / the HIATUS

『ALL ABOUT POP』 / Shiggy Jr.

『人間開花』 / RADWIMPS

『Vキシ』 / レキシ

『Flavor』 / MARQUEE BEACH CLUB 

『We love Tank-top』 / ヤバイTシャツ屋さん

 

なかなか20作品に選ぶのは酷な作業でした。だって良い作品たくさんあるんだもん!(うるせーよ)

「2016年はもっと洋楽を聴く」とか言ってたのにあんまり聴けなかったのは反省。。来年こそは邦洋バランスよく聴く年にします(決意)。来年もたくさん音楽を聴くぞー!!あとなんかライブレポしか書かずに2016年終わってしまったので、2017年は他のことも書こうかなと思っています。頑張ります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。そして今年1年本当にありがとうございました。2017年もどうぞよろしくお願い致します!それでは良いお年を。