ライブレポ Awesome City Club「Awesome Talks -One Man Show 2019」@新木場スタジオコースト

Awesome Talks One Man Show 2019

「お洒落で都会的な心地よい音楽」。

そんなイメージで、今の彼らのライブを見たら面を食らうと思う。

お洒落だし洗練されているのはもちろんだが、それに加えて驚くほどに「情熱的かつパワフル」で自らの魂をオーディエンスに向かって全力でぶつけてくる。

「魂をぶつける」なんてACCには似合わない言葉なのかもしれないが、今の彼らにはちゃんと当てはまる言葉なのだと思う。

Awesome City Tracks」の完結からのベストアルバムの発売、事務所からの独立や2017年夏に訪れたatagi脱退の危機。そして初のEP「TORSO」と記念すべき1stフルアルバム「Catch The One」のリリース。

ACCが過ごした激動の2年間を得て、ついに辿り着いた新木場スタジオコーストでの「Awesome Talks -One Man Show 2019」ファイナルは、過去の自分たちを軽々と凌駕するような掛け値なしに圧倒的で素晴らしいライブだった。

5人の個性が爆発した渾身のライブパフォーマンス

ライブ序盤からいきなり2018年に生まれたACCを代表するナンバー『SUNNY GIRL』、atagi(Vo/Gt)のストレートな想いが爆発しているエールナンバー『ダンシングファイター』、ライブでは欠かせないデュエットソング『今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる』、ファンキーなディスコナンバー『アウトサイダー』と、終盤に持ってきてもおかしくないキラーチューンをエンジンフルスロットルで次々と畳みかけてきた。

atagiの声が珍しく上ずってしまう場面が見られるほど、序盤から気迫のこもったステージパフォーマンスを展開。このステージにかける強い意気込みが伝わってくる。

そういえば今夜のステージ上はACCの電飾がなく、凝ったステージ装飾もない、あるのは通常の照明とバンドセットのみというシンプルな構成だ。「自分たちの音楽で真っ向勝負したい」というオーサムのライブへかける強い姿勢が見える。

 

非常に印象的だったのはライブパフォーマンスに5人の個性が色濃く出ていた点だ。

PORIN(Vo/Syn)が磨きのかかったダンスと歌で妖艶なパフォーマンスを見せつけたかと思えば、atagiもソウルフルな歌でフロアを酔わせ、『what you want』ではPORINに負けずとも劣らないキレのあるポップダンスで会場を沸す。

マツザカタクミ(B/Syn/Rap)は『クリエイティブオールナイト』で久しぶりにPORINとクールなコンビネーションラップをかまし、モリシ―(Gt/Syn)はギターにシンセ、ベースと1人何役になるんだとツッコミたくなるくらい様々な楽器を駆使し、多彩かつハイクオリティなプレイでオーディエンスを魅了する。

ユキエ(Dr)は元気いっぱいのMCで会場を盛り上げながらライブを引っ張り、ドラムでは力強くも野性的なビートでACCにダイナミズムをもたらす。

ACCの良さについて以前インタビューでatagiは「5人のキャラクター」、PORINは「アベンジャーズ感。5人がスターでいること」と語っていたが、以前はどちらかというと良くも悪くも「Awesome City Club」というコンセプトの型からはみ出ないように、それぞれのエゴイズムを抑えている部分があったのではないかと思う。

しかし、ここ最近はPORINがブランドを立ち上げたり(この日のライブでも「yarden」と書かれた服を着ているお客さんを何人も見かけた)、モリシ―が他アーティストのライブにサポートメンバーとして参加するなど、個々で様々な活動を繰り広げていることからも分かる通り、今のACCはそれぞれが自分のスタイルを確立してきている。ライブでもそういう個の部分が明確に表現されていた。

 

強い個性が1つになり、圧倒的なエネルギーを解き放ったのがライブ中盤に披露された『Lesson』と『ASAYAKE』だ。

5人の強烈な存在感が見せつける美しいアンサンブルとド迫力のライブパフォーマンスに会場の熱気がグングンと上がっていくのが全身で感じ取れる。お客さんみんながハンズアップし、会場の中をはち切れんばかりに響き渡った『ASAYAKE』の大合唱は、今夜最大のハイライトだったといって過言ではないだろう。

正直『ASAYAKE』がこんなポテンシャルの秘めた楽曲だとは思わなかった。『Lesson』同様、今後ACCを背負っていく重要な1曲であることは間違いない。

 

このライブでは新たなチャレンジも積極的に行われた。

特に『クリエイティブオールナイト』に入るまでの流れの中で繰り広げられた、「歌詞がなかなか書けないマツザカとそれに突っ込みを入れるPORIN」の2人による寸劇にはビックリさせられた。

まさかの展開に会場の受け入れる姿勢が若干整っていないような空気感もあった(他のメンバー3人が笑いを堪えられずにいたのが暗闇の中でもわかった)が、緩い感じがアクセントになっていたし、とても面白い試みだったと思う。

もう1つのチャレンジはatagiのアコギ弾き語りセクションだ。

ライブ中盤に披露された『燃える星』。心にグッと来るatagiの情感溢れる歌にPORINの優しいハーモニーが重なり、カッティングを交えたギターストロークが切なく響く。atagiの後ろで照らす夕焼け色の光が「儚さ」をより際立たせ、胸が締め付けられそうになる。シンガーとして高い歌唱力と表現力を持つatagiだからこそ描けるウットリするほど幻想的なシーンだった。

ツアー中に作られた新曲もアンコール後に弾き語りで披露された。穏やかな夜を優しく包むこむようなメロウなサウンドが印象的な旅にまつわる楽曲だ。この曲がバンドセットになると、どのようなアレンジに昇華されるのだろうか。楽しみに音源化を待ちたいと思う。

 

「付いてきてくれますか!?」「まだまだ踊れますか!?」とatagiがオーディエンスに気合を注入し、もう一段ギアを上げた状態で終盤戦に突入。大音量のシンガロングが巻き起こった『涙の上海ナイト』、そして村上大輔、NAPPI、チャンケンというLUCKY TAPESではお馴染みのホーン隊(ラッキーホーンズ)をスペシャルゲストに招き、『君のグランデ』と『Don't Think, Feel』と立て続けにアッパーチューンをかまし、高い温度を保ったままフロアを熱狂し続けるACCとラッキーホーンズ。

オーディエンスはステージから放たれる華やかな音楽に身を任せて自由に踊り狂い、いつしかフロアは大きなうねりを上げ、会場全体が揺れている。それはACCのメンバーが驚くほど物凄い光景だった。

 

本編を締めくくる楽曲として選ばれたのは『Catch The One』。

今回の作品でプロデューサー的な役割を担ったatagiがメンバーへの想いを込めて作られた1stアルバムの核となる楽曲だ。

「全力で歌うので想いを受け取ってもらえたらと思います」とatagiが述べ、ACCはこの日最も熱い魂のこもった渾身の『Catch The One』を一人一人のお客さんへ解き放つ。

<世界中を超えて 君を連れて行くから 見たこともない夢を掴むのさ ユートピア>

「ここではない、誰も見たことのない景色へみんなを連れて行く」。

ACCから内なる情熱に燃え上がった固く強力な決意を感じ、心が震え涙があふれた。彼らのライブでこんな気持ちになったのは初めての経験だった。

今のオーサムは心身ともに充実感にあふれているのだろう。終演後に見せたメンバーの満面の笑みはそれを表しているように思えた。

 

何度も言うが、今持っているポテンシャルが最大限に発揮された素晴らしいライブだった。圧巻の一言に尽きる。

紆余曲折へ経ながら自分たちにとって最も大事な「核」を見つけ出し、一回りも二回りもスケールアップした彼らが見せたパフォーマンスは、観る者たちの心臓を鷲掴みにするほどのパワーに溢れていた。この2年間がACCにとって重要な転換期であったと言って間違いない。

ネクストステージに突入した新生Awesome City Clubは、毎年恒例の自主企画「Awesome Talks -Vol.10」を2019年8月に開催すると発表。

大きな目標である2020年のカルチャーフェスへ向けて、ACCはここからもギアを緩めることなく快進撃を見せてくれることだろう。

Awesome Talks -One Man Show」@新木場スタジオコースト セットリスト

1.SUNNY GIRL

2.ダンシングファイター

3.今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

4.アウトサイダー

5.8月のモラトリー

6.Into The Sound

7.4月のマーチ

8.what you want

9.クリエイティブオールナイト

10.燃える星

11.台湾ロマンス

12.ワンシーン

13.Lesson

14.愛とからさわぎ

15.ASAYAKE

16.涙の上海ナイト

17.君はグランデ

18.Don't Think,Feel

19.Catch The One

アンコール

20.新曲(atagi 弾き語り)

21.GOLD

Awesome City Club関連記事

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com

 

www.centerofongaku.com